通信制・京都といえば京都美山高校地歴科ブログ5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

音の正体パート2

駅の音で気になるのは

プリペイド式の イコカ ピタパなどの

タッチしてスルーするあのカードの音です




時々チャージするのを忘れて

えらいことになってしまうこともあるのですが

ピッ!とタッチして通り抜ける時の妙な音




その時違う音がなっているのに気づきました

小鳥の鳴き声みたいな合成音です

ロボット社会だから仕方ないと言われていても

あのアイボだかなんだか

イレッシャイマセ

と言われてもあまりいい気はしません

ハウステンボスだったか

全館ロボットが運営というか活躍するホテルが

あるそうです

私はこれにカネを払うのはいやだなーって思います




その合成音の秘密は

後ろを振り向いた時に分かりました




小学生の子だったからです

大人の腰のあたりしかない身長の

女の子がサラリーマンに混じって

必死に改札口を抜けようとしています

その時にこの音がなったのです




そうだな

子供は子供料金だから半額だ

でもカードはみんな同じだから

子供料金分を徴収しなければならない

効果的なのは大人との差別化

つまり小鳥の鳴き声だったのです

でも

料金徴収のための苦しい策

なにか味気ない鳴き声のような気がしました
改札口










スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。