通信制・京都といえば京都美山高校地歴科ブログ5

あのひとに会いたい 宮川泰さん

NHKのアーカイブで「あの人に会いたい」宮川泰さんを

やっていました

私にとってはこの人は尊敬する師匠であり

青春時代のBGMであり大好きなザ・ピーナッツの

生みの親です

番組では彼女たちのデビュー曲を生み出した時のいきさつを

語ってくれます

「ふりむかないで」がその曲ですが

当時アメリカの軽いテンポのある曲が一世風靡していて

「ダイアナ」が誰も杓子も「ダイアナ」というなかで

こんな曲を作りたいと思い

パクったわけじゃないんですよ

イントロにあるリズミカルな🎵ラーララララーラ‥という

あの軽いタッチを入れたいと

当時名古屋のキャバレーでで歌っていた双子の天才少女たちを

東京に呼び込んでナベプロの渡辺さんの家で毎朝特訓して

近所迷惑だと警察官が怒鳴り込むというエピソードもあり

あの二人が茶の間に登場することになった

私も中学生の思春期にこの曲や「恋のバカンス」「ウナ・セラ・ディ東京」…

にのりながらあこがれや恋をしていくのです

宮川さんはずっと音楽の道を歩み続けエンターテインメントして

日本の音楽界にはなくてはならない人になりますが

生涯遊び心を忘れずいつも創意工夫してジャンルを問わない

ミュージックを作り上げてきました

実はその息子さん宮川 彬良(みやがわ あきら)さんはまたまたすごい人で

「どれみふぁワンダーランド」、2011~2012年NHK BSプレミアムでは

その天才たる手腕をこれまでかと発揮する音楽家ですが

その話は別の機会に…

もうあの曲が聞こえてきます

ザ・ピーナッツで「スターダスト」

今宵はもうこのへんで(ハナ肇)


yjimagehurimukanaide.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する